home 園のご案内 行事予定 親子サークル チューリップ お問合せ


[応募詳細] [園の歴史] [保育方針] [園舎]
[行事と園外保育]
[PTA活動について]
★☆★ 幼稚園の歴史 ★☆★
今年創立53年目を迎えました
1962年(昭和37) 市内にまだ幼児教育(保育)の施設が3カ所ほどしかない時に、差別のない民主的な保育を望む多くの力に支えられて、「幼児教育施設を是非勝田に」という父母と職員の願いから、勝田太平に設立されました。
1967年(昭和42) 現在地に新築移転
1980年(昭和55) 学校法人認可を受けました。
2008年(平成20) 新築、今に至ってます。
[▲ページのトップへ戻る]
★☆★ 方  針 ★☆★
◇一人ひとりを大切にして個性をのばします
→職員は一人一人を把握し,その子に沿った声掛けや成長を促す手助けなど、小規模園ならではの手作りの保育をしています。小規模園ならではの手作りの保育をします
◇なかまづくり
→大人や友達と遊ぶ楽しさを十分味わうことで社会性を育てます。バーチャルの世界が幼児にも広がっている現代だからこそ、友達や大人との現実の遊びをとおして、仮想ではない本当の楽しさを経験させたいと思っています。
◇体力づくり
→じょうぶでよく動く体つくりを助けます。幼児期の今しかできない遊びをたくさんすることで、今しか育たない感性を育てています。
[▲ページのトップへ戻る]
★☆★ 木のぬくもり いっぱいの園舎であそぼ! ★☆★
その1
茨城県産の木材を中心に、できるだけ自然素材を使って、人にも環境にも優しい園舎です。採光・通風も自然の力を生かせるようにしました。
その2
保育室の暖房は安全・きれいな床暖房です。(深夜電力で蓄熱します)
その3
子ども達の調理室があります。自分達の畑でつくったおいもやとうもろこし、きゅうりなどもをお料理して食べます。子どもと相談してみそ汁、ゼリー、ホットケーキやサラダなど作ってます。
その4
 厨房を完備して給食を充実しています。週3回(弁当週2回)です。作ってすぐに食べることでおいしさと安全を守り、また作る人が身近にいることやおいしそうな匂いで食べることが楽しみになります。主食(ご飯、パン、めん類)も入って完全給食です。 できるだけ有機肥料,減農薬の食材を求めています。科学調味料などは使いません。献立では、家庭で食べられているものや昔ながらの食材もとりいれます。大人の言葉かけで、食べられるようになることもあり、その経験も大切にしたいと思っています。また産地、国産であることも考慮しています。誕生会の日には季節の果物などデザートが出て楽しみの一つです。器は献立に合ったものを選び雰囲気も大切にしています。例:焼き物、コレールなど献立に合った物を使います。
米飯給食のお米は勝倉の渡辺農園と契約しています。「はなのわのたんぼ」があります。園児達も、田植えや稲刈りを見学します。
※お弁当が週2回なのは、園外保育があるから。またママの味も大切だからです。
その5
2階には、PTA室、子育て相談室があります。小さいお子さんを連れても安全なように、しっかり安全対策がとられています。

ご あ い さ つ
子どもは、未来の社会の主人公です。子育ては人間にとって何よりも大切な大事業です。親だけ 保育者だけでは よりよい子育てはできません。子どもに関わるすべての人々と協力しあって, 子どもたちが「幸せな子ども時代をおくれるよう、そして自分自身の力で生きていく力のもとをつくれるよう」手をつなぎあいましょう。                                                                                              理事長 海老澤 榮子

[▲ページのトップへ戻る]
★☆★ 四季の主な行事 ★☆★
自然や回りのものに関心を持ち楽しむことで、大切に思う気持ちや感性を育てます
- 春 から夏ー 1学期
・入園・進級式(親子で入園・進級を祝います) 家庭訪問も行います
・初めての給食やお弁当がはじまって、友達もできてきます。庭のさくらんぼもたべます。歩いて園の近くを散歩、花摘み、ザリガニとりなど。 
・バスに乗って、園外保育や渡辺さんの畑に行ったりします。健康診断や歯科検診もうけます。
・園庭にお父さんたちが組み立ててくれた大きなプールが登場します。 
・年長さんは幼稚園でのお泊り会もあります。 
- 秋 - 2学期
・お父さんと遊ぼう会。友達のお父さんとも遊ぶ、そんな貴重な経験をします。お昼にはカレーを一緒に食べます。
・待ちに待った運動会、「宝さがしがいい」「タイヤ引きが良い」と皆で話し合いながらプログラムが決まっていきます。年長さんのリレーや縄跳びは、皆の憧れ。
・十五夜のときは、年長さんの祖父母のみなさんをご招待し団子つくりをします。
・収穫祭では畑の野菜や、那珂川にあがってくるサケを目の前で魚屋さんにさばいてもらって庭で焼いて食べます。生命をいただくことを実感します。
・年長さんは、御前山を登山します。自分のからだと向き合う時間です。
- 冬 -3学期

・「サンタさんは何色が好きですか?」どんな質問にも答えてくれるやさしいサンタさんが来てくれます。プレゼントはなにかな。
・お父さんたちが手伝ってくれて、皆でおいしいおもちを食べます。 
・クラスの皆で話し合い、大好きな絵本を題材に 劇あそび をします。役になりきり、友達やおうち の人に見てもらいます。
・劇団を呼んでホールで観劇。(H24劇団プーク、H26劇団風の子、H27望月さんの素話)
・節分には、豆まきのほかに庭でイワシを焼いて食べます。香ばしい香りが漂います    
・ひなまつりコンサートを毎年しています。水戸芸術館の楽団員(トリオの方がホールで演奏。生の芸術に身近にふれ、心地よい時間を過ごしま     す。      
・クラスのみんなでしてきた、体操をおうちの人にみてもらいます。 
⦿お話会・地域の「ききみみの会」のおばさんが月に2回「素話し」を語ってくれ ます
❀ 勝倉の渡辺農園 毎年、大豆、とうもろこしの種まきやじゃがいも掘りなど収穫でお世話になっている農園です。給食のご飯は農園内の「はなのわたんぼ」のお米です。

一年を通して
大島公園・六ツ野公園・笠松運動公園は緑も多く、季節ごとの変化を感じながら体をたくさん動かして遊んだり、たくさん歩いたり、木の実拾いをたのしんだりします。
その他…海浜公園、園の近くにザリガニつりなどへ行きます。1年を通した行事としては、毎月の誕生会、避難訓練など
[▲ページのトップへ戻る]
ようちえんは おもいっきりあそべる たのしいところ
◆◇あそびこそ◇◆
こどもの本分

子どもは大きくなるためにあそびます。
好きな遊びをする自発性を引き出し、体力・知力・共同力をそだてます。
仲間と時間と空間があればあそび呆けられる、そんな子どもをめざしてます。
◆◇本物の環境で◇◆
豊かな感性を

幼児だからこそ、素朴で本物の環境を準備します。(ままごと道具や部屋飾り、手づくりの人形等)園にないものは園外に出かけ、見て、ふれて、五感をと通し、実体験します。
◆◇食べることは◇◆
命の源

自分達で作った野菜は、ピーマンもにんじんもトマトもとびっきりおいしい!草取りや水やりは大変だけれど、食べ物がどこで、どうしてできるのか感じさせてくれます。食を大切にすることは命の大切さや感性をも豊かにすると考えます。
◆◇自分のことは◇◆
自分で

食べる、ねる、トイレにいく。 洋服をきる、脱ぐ、片付ける。 あまりにも日常的すぎてこのなかにある大きな教育力をわすれがちですが、これこそ基本の「基」 生きるために絶対しなければならないことは、自立、自律への第1歩です。そひて一生の財産です。やさしく、根気づよく家庭と強力しあって応援します。
◆◇自然◇◆
子どもは人類がたどってきた発見を短く急いで繰り返します。
幼児期はちょうど原始人の時代、それにふさわしい水、土、砂、木や草花で充分遊ぶことが必要です。土や砂は、働きかけると山や川になり、主体性、創造性を引き出してくれます。また、自分が自然に合わせて楽しむ芝すべりや水遊びは柔軟性や想像性を伸ばしてくれます。
◆◇ことばを◇◆
育てる

幼児期は思考回路を作る最も大切な時期です。 日常の会話をていねいに聴きとり、思考の広がりをうながす言葉がけに努めたいます。 絵本の読み聞かせ・素話・詩・言葉遊び・劇遊び・お話し会などで楽しみながら「言葉の数」を豊かにし創造と想像の世界を広げます。ことばは思考力、理解力、表現力、コミュニケーション力を高める最大の要素となります。
[▲ページのトップへ戻る]
★☆★ PTA係活動について ★☆★
   


  はなのわ幼稚園のPTAでは、個人の負担を少なくし楽しく活動するために保護者全員が係につくという方針をとっています。
  小さなお子さんがいる方も、仕事をしている方も、無理なくお互いにフォローし合って活動が出来ますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします!

 
 
 ★園行事係
 運動会のPTA競技(保護者による対抗競技)の企画・準備、当日の進行を行います。また、一学期に開催される「おさかな教室」での講師との連絡や会場手配、当日のお手伝いをします。

★環境整備係
 子ども達が快適に園生活を過ごせるよう、園内清掃・除草等の奉仕作業を企画して行います。全保護者に呼びかけしての清掃作業を夏休みに1回、その他、係として年に2~3回程度実施予定です。

★クラス係
 クラスの子ども達・先生・保護者と一緒に楽しい活動をします。皆がより仲良くなれるよう、年に1回のお楽しみ会の企画や、保護者の親睦会を年に2~3回行ったりしています。

★講習会係
 年に4回程度、大島コミュニティセンターと共催で、幼児を持つご家庭のためになる講座(家庭教育学級)を行います。受けてみたいと思う講座を企画し、開催できるよう準備をして、講座当日の運営をします。2年に1度、バスでの移動教室があります。

★交通安全係(年中・年長のみ)
 園外活動は、「ひたちなか市幼児交通安全ひまわりクラブ」としての活動(会議・勉強会等)が年4回あり、係内で分担して出席しています。園内活動は、園外活動で学んだ事を活かし、園児・保護者に交通安全指導を行っています。

★公費助成係
 私立の幼稚園・学校は、公立と比べて学費や教育条件に大きな差があります。この差をなくすために政府や自治体へ助成金等を求める活動をしています。主に、園内・園外(スーパーの駐車場等)での署名活動(秋)と県議会・国会への請願を行います。

★広報係
 「広報誌はなのわ」を1学期に1~2号のペースで発行しています。園の行事や子どもの様子を、保護者の目線でお知らせしています。

★バザー係
 バザーの企画・手配・当日の運営をします。手作り雑貨班・手作りお菓子班・豚汁等の発注班など、いくつかの班に分かれて活動しています。各班とも、皆の意見を出し合って楽しく活動しています。

★文集係(年長のみ)
 卒園文集を作るための活動を行います。園児・保護者・先生方への原稿依頼やとりまとめをします。その他の内容は係内で相談し、作成していきます。また、印刷会社とのやり取りも行います。

★役員
 PTA活動全体がスムーズに動くよう、運営委員会(各係長+役員)が中心となって働きかけています。役員は会長1名・副会長2名・書記2名・会計2名の計7名で構成されています。

 [▲ページのトップへ戻る]
 
[応募詳細] [園の歴史] [保育方針] [保育の様子] [行事と園外保育] [PTA係活動について]

home 園のご案内 行事予定 親子サークル チューリップ お問合せ
Copyright:©2007-2008 はなのわ幼稚園 Allrights Reserved.